スペース space
お問い合わせと資料
説明会のご案内
開業資金と利益モデル
個々が違う!独立開業の比較
国内結婚相談所との違いとは
スペース
最近のお知らせ一覧

独立開業で結婚相談所を支援する日本国際結婚連盟では加盟店を全国展開しフランチャイズ化を目指しています。 地方で農家を営んでいる独身男性や子孫を残したい、そんな人に喜ばれるビジネスの提案が独立開業の成婚ビジネスです、低コストで開業できる結婚相談所です、当連盟では無料説明会をはじめ様々な宣伝用ツールもあり加盟された支部が成功を収めるまでサポートいたします、中国をはじめとするタイ、ベトナムの地域の女性を主にお嫁さんとしてご紹介しています、国際結婚は今や当たり前の時代となり珍しくはありません、日本でも婚活ブームはまだまだこれからの注目されている産業の一つです、独立開業で起業している方も沢山います。 世の中から冠婚葬祭は無くなることはありません、永遠の業種でもあります、視野は無限大です、この機会に是非とも独立開業の加盟店に興味を持ってみたら如何でしょうか。
相互リンク.com
独立開業をお考えの方
ボタン 加盟店登録の流れ
ボタン 充実したサポート体制
ボタン 成婚ビジネスの魅力とやりがい
ボタン 無料説明会
ボタン 日本国際結婚連盟とは
ボタン 日本国内の結婚事情とは
ボタン 独立開業・加盟店からのQ&A
ボタン お問い合わせ
ボタン 会社概要
メールアドレス
E-MAIL info@ima-japan.co.jp
スペース
お見合いと結婚のイメージビデオ
スペース
お問い合わせ
スペース   

独立開業の国内結婚との違いとは

目的の違い
国際結婚ビジネスT

国内結婚相談所の多くは、入会金 会費で運営しています。
入会時に費用を一括して支払う場合も多いです。どこのネットを見ても、結婚ビジネスや出会い系は今の恋活、婚活のニーズがあります。実際に物凄い数の同業者があります。
市場は大きいのは、間違いではありませんが、競争が激しすぎてなかなか利益に繋がりません。仮に50%の会員が成婚していってしまったら、現在の入会金、会費で賄う集金システムは成り立ちません。

ボタン 数多くの会員を集め、その入会金、月会費と約10%の会員の結婚に対する成婚料金が収益
ボタン 成婚へのチャンスを提供する(10名に1,2組の成婚)

国際結婚ビジネスU

主に成婚料金をメインに収益をあげる。会員の月会費などを収益の目的としない。顧客の国際結婚に対して不安を持っている人も多いので、それを丁寧に説明しないと入会者は国内結婚より入りにくいが、それさえクリアしてしまえば、平均半年以内に90%の男性が成婚まで至る為、会員を多く集め、月会費による収益は期待できない。

ボタン 少ない会員でも、ある程度の成婚料金をもらう為、一度の収益が大きい
ボタン 成婚という結果を提供する(10名に9名が成婚可能)

結婚できる確率が少ない国内相談所

国内には結婚相談業や出会い系の婚活、恋活を支援する企業が数千社あります。

業態は違う所もありますが、主に「結婚のチャンス」を提供する会社が多く、成婚まで踏み込んでサポートをしている業種はありません。
大手結婚相談所や国内結婚相談所などもシステムはどの会社も似たようなもので、自社の強みを打ち出す事が難しい。

差別化ができない為、競争相手が多い割には、収益も同じ様な会社(相談所)が多いので、利益的にも限られてしまう。

人間の性格や収入は急に変わるのもではありませんし、ましては容姿などは変える事はできません。結婚できない男性にカウンセラーがアドバイスしたからと言って、急にモテる様になったり、成婚率が急激にUPする事はありません。

国際結婚の成婚ビジネスはその男性に国際結婚のメリット、デメリットを説明して、結婚の形の選択方法共に考える事により、成婚できない男性を成婚に導く事ができます。
成婚できる様に見せかける(希望、期待を持たせる)仕事ではなく、成婚できない現実を男性に理解してもらい、成婚に導く他にはない結婚ビジネスです。

こんな時代だからこそ!

結婚できる確率
収益について

国内結婚相談は正直 利益があまり出ません。差別化が難しく、競争相手も多く、収益も同じ様な会社(相談所)が多いので、他者と比較されて利益的にも限られてしまう。
国際結婚成婚ビジネスは競争相手も少なく、成婚という成功報酬の為、利益の設定なども、独自のシステムで構築できる。実際に成婚できるならば、多くのお金を使っても良いと思う男性は数多く存在します。

簡単ではありませんが、収益性は国内結婚ビジネスと数倍もの利益があります。

お問い合わせ 結婚ビジネス
スペース
スペース
スペース